ビデオギャラリー

6月開催「高経年化プラントの維持管理」のお知らせ
2020年春に東京で開催
カンファレンス&展示会のお知らせ
Managing Aging Plants English

過去のニュース

エボニック アントワープ新工場稼働

2019年7月23日

エボニックは、ベルギーのアントワープでフュームドシリカの新たな生産複合施設の稼働を開始。施設への投資額は、総額で数千万ユーロになる。アントワープの既存工場を、親水性フュームドシリカのみでなく、疎水性シリカも生産できるよう改修した。... もっと読む

アズビル セキュリティフライデー 制御システム専用のサイバー攻撃センサ開発

2019年7月22日

azbilグループにおいて、ITシステムのセキュリティ製品やサービスを提供するアズビル... もっと読む

NTT西日本 エアロダインとドローン事業提携

2019年7月19日

NTT西日本の傘下でドローンを活用したインフラ点検の新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク(JIW)」と、マレーシアのエアロダイングループが事業提携。NTT西日本グループが保有する情報通信インフラの維持管理ノウハウと、エアロダインのドローン飛行・点検技術を組み合わせ、電力設備向けドローン点検サービスを共同開発。JIWが日本市場で独占的にサービスを提供する。日本国内で電力設備を保有するインフラ事業者のみならず、海外に資産を保有する日本企業への販売も視野に。さらに、洋上構造物やプラント、管路などの点検サービスを共同開発し、点検対象となる構造物の拡大を目指していく。... もっと読む

三菱電機 AIで異常を検知する機器診断技術を開発

2019年7月18日

三菱電機株式会社は、AI技術「Maisart(マイサート)」を用いて、製造設備などの機器のセンサーデータから機器の動作の移り変わりを表す「状態遷移モデル」を自動生成して、動作ごとに適切な異常検知条件を自動設定することによって、高精度に異常を検知する機器診断技術を開発。... もっと読む

三菱日立パワーシステムズ 独フォルクスワーゲン向けにH-100形ガスタービンを2基受注

2019年7月17日

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)向けに、H-100形ガスタービンを2基受注。VWの自動車工場に電力および熱を供給する14万4,000kW級自家発電用ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)コージェネレーション(熱電併給)設備2系列の中核機器となるもので、設備一式をフルターンキー方式で納入予定。設備の完成・給電開始は2022年秋を予定。... もっと読む

123456

スポンサー

Schmidt + ClemensJGC Corporation

協賛

Japan Institute of Plant MaintenanceWorld Class MaintenanceThe Japan Petroleum Institute

プロジェクト パートナー

MTI Materials Technology Institute