告知ビデオ

6月開催「高経年化プラントの維持管理」のお知らせ
6月開催「高経年化プラントの維持管理」のお知らせ
Managing Aging Plants English

過去のニュース

製鉄プラント「小型化」ブーム

2018年10月19日

世界各地で製鉄プラントの「小型化」がブームになっている。投資費用が少額で済み、小回りが利いて需給変動へ対応しやすいことに加え、プラント技術の向上に伴ってコンパクトな機械でも相応の品質の鋼材を造れるようになってきたことが普及につながっているようだ。 米国ではニューコアなど電炉メーカーが世界の中でも早くから薄スラブ連鋳に類するコンパクトなプラントを採用してきた。その中でもBRSが導入した薄スラブ連鋳は、ドイツ製鉄プラント大手のSMSが各国で売り込んでいる「CSP」。 小型化は条鋼類のプラントでも進んでいる。ダニエリはビレット連鋳と圧延を直結させ、従来の棒鋼・線材ミルよりスペースを半分以上減らした省力型の「マイクロミル」を開発。 ベトナムやインドネシアといった東南アジアで計画されている案件は、炉内容積が2千4千~5千立方メートル級の新設は中国宝武鋼鉄集団の湛江製鉄所やJFEスチールなどが出資する越フォルモサ・ハティン・スチール(FHS)といった技術力ある世界大手系に限られる。新興企業には操業が難しい大型高炉を敬遠し、安く導入できる小型高炉で出銑比を高める風潮が強まっている。... もっと読む

アールテクノ、設備リフレッシュ加速

2018年10月17日

ステンレス流通大手のリンタツのグループ会社、アールテクノは、老朽設備の更新による生産体制のリフレッシュを加速。前週にはステンレス製の平鋼「フラットバー(FB)」を製造する1号ラインの電気制御系機器の更新を完了したところだ。さらに来夏にはコイル巻き替え機のリプレースを実施し、生産活動におけるBCM(事業継続マネジメント)を強化する方針。... もっと読む

横河電機、保守効率向上と液体分析データ監視システムの柔軟な設計・運営を支援

2018年10月16日

横河電機は、測定項目を任意に選択できる4線式液分析計「FLXA402」と、変換・伝送・校正・診断機能を持つSENCOM™スマートアダプタ「SA11」を開発した。校正作業などの保守効率向上と、液体分析データ監視システムの柔軟な設計・運用を支援する。液体分析計が用いられる現場によっては、センサと伝送器を一体化して制御システム、レコーダ、指示計、タブレットなどに直接接続し、データ監視システムを柔軟に構築したいというニーズがあり、これら一体形のデジタルセンサは各種データを保存でき、校正作業などの保守効率の向上も図ることができる。センサ部は分析対象の液体の特性によって劣化が進行したり汚れが付着したりするため定期的な交換が必要で、センサ部分のみ交換することで維持費の抑制と廃棄物の削減を可能にしたSENCOMスマートアダプタ「SA11」を開発。コスト削減と省スペース化を実現し、機器情報、各種診断データを監視システムに送ったり、クラウドに接続してIndustrial... もっと読む

高速道の異常 2年未補修 3社で1400カ所 「対策必要」の2割超

2018年10月15日

東日本、中日本、西日本の高速道路3社が管理する橋やトンネルの状況を会計検査院が調べた結果、過去の点検で「速やかな対策が必要」と判定された異常が3月末時点で計約6500カ所あり、うち2割超の約1400カ所が判定から2年以上、未補修だった。3社は構造物の異常をランク付け。機能面への影響が非常に高く、最も著しい異常と判定されたものを「AA」と区分している。例えば鋼橋だと「明らかな異常たわみ」「腐食により著しい断面減少などが生じ、耐荷力に影響を及ぼす恐れ」に当てはまる場合などだ。これとは別に、2016~17年度に行われたトンネル側壁の「内装板」と呼ばれるパネル110カ所の点検で、保守管理を委託された子会社が要領に定められたファイバースコープなどを使った内部点検をせず、目視やパネルを揺するなどの確認で済ませていたことも判明。内装板は板と壁の隙間が目視できなくなるため、基準では、ファイバースコープでのぞいて取り付け金具に問題がないか点検するよう定めている。... もっと読む

JFES、長寿命塗装厚板を開発

2018年10月5日

JFEスチールは、沿岸域で用いられる橋梁や建・産機などの塗装の塗り替え期間を、普通鋼と比べ、2倍以上延長する厚鋼板「EXPAL」(エクスパル=Extend・Painted・Life)を開発したと発表。塗装後に高い耐食性を発揮することで厳しい腐食環境下で鋼構造物のライフサイクルコストを低減する。普通鋼では約30年に1度塗り替えが必要となるが、同鋼板では塗装寿命を約70年まで延長が可能となった。微量の耐食元素の複合添加と圧延条件の適正化で、従来のJIS・G3106(SM鋼)と同等の機械的性質を維持し、塗装後に従来鋼より高い耐食性を持ち、塗装寿命延長を実現した。 ... もっと読む

123456

スポンサー

FUJIKINKitzJGC

協賛

Japan society of corrosion engerringThe Japan Petroleum InstituteJapan Institue of Plant MaintenanceJapan Valve Manufacturers’ AssociationHigh pressure institute of Japan