ビデオギャラリー

6月開催「高経年化プラントの維持管理」のお知らせ
2020年6月11-12日に東京で開催
カンファレンス&展示会のお知らせ
Managing Aging Plants English

過去のニュース

ネステ 新燃料プラント一部稼働

2019年10月14日

フィンランドの製油大手ネステ・オイルが、正式開所した西部トゥアスの新バイオ燃料プラントは、市場の見通しが不透明なことから、当面は全面稼働には至らないもよう。... もっと読む

NTT 日本初稼働中のごみ焼却施設でディープラーニングを活用した蒸気量予測を実施

2019年10月11日

NTTコミュニケーションズ株式会社( NTT Com)は、株式会社クボタと連携し日本初、稼働中のごみ焼却施設において、ディープラーニングを活用した実証実験を実施中。燃焼時に発生する蒸気量をリアルタイムに予測することによって、廃棄物発電の安定化を目指す。エネルギー問題の観点から、ごみ焼却時に発生する熱を活用した廃棄物発電は注目されていて、再生可能エネルギー創出の高度化、効率化に向けた第一歩となる。... もっと読む

工場のサイバー対策 民間調査によると「所管部門なし26%」

2019年10月9日

工場やプラントで稼働する制御システムのサイバー対策を所管する部門さえ決めていない企業が26%であると、KPMGコンサルティングと米IT大手デルテクノロジーズ傘下のEMCジャパンの共同調査「サイバーセキュリティサーベイ2019」で明らかになる。... もっと読む

JFEエンジニアリング 独で廃熱回収ボイラーを受注

2019年10月8日

JFEエンジニアリングは、化学大手エボニックがドイツ西部のマールに持つ工場向けに、廃熱回収ボイラーを、独子会社スタンダードケッセル・バウムガルテ(SBG)を通して受注。JFEは同国で5月にもガス焚きボイラーを受注。ボイラーの蒸気は、ガスタービンの排気ガスと化学工場の酸化エチレン製造プロセスなどで発生する副生ガスを利用することによって得られるもので、発電および化学製品の製造工程にて利用される。... もっと読む

電中研など 次世代火力発電プラント向けオンライン監視システム開発

2019年10月7日

電力中央研究所(電中研)、中国電力、北海道電力、大阪府立大学、OKI、非破壊検査の6者は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」の研究開発項目の1つである「従来法での計測不能領域を革新的手法により計測可能にする産業プロセス用センサー」の開発を開始。... もっと読む

123456

スポンサー

Schmidt + ClemensJGC Corporation

協賛

Japan Institute of Plant MaintenanceWorld Class MaintenanceThe Japan Petroleum Institute

プロジェクト パートナー

MTI Materials Technology Institute